体験談

【体験談】新卒でベトナムのIT企業に就職した小林駿介さん

近年ベトナムはオフショア開発先として日系IT企業の進出が相次いでいます。
今回は、稀なケースですが新卒でベトナムのIT企業に就職し、1年前にホーチミンに移住をした小林駿介さんにインタビューをしました。

氏名 小林駿介さん
学歴 東海大学教養学部卒
ベトナム歴 1年


会社名:Vitalify Asia Co., Ltd.
(バイタリフィー アジア)
事業内容:スマートフォンアプリ開発・オフショアシステム開発をメインビジネスとし、東南アジアマーケットでのマーケティングコンサル事業・新規事業開発も手がけています。
Vitality Asiaの実績はこちらから

現在Vitalify Asiaでは日本人のPM(project manager)を募集しています。
ベトナムの生活に興味のあるPMの方は是非こちらにお問い合わせください。

 

ベトナムに移住する前のバックグラウンドをお教えていただけますか?


大学に通いながらほぼ4年間、ファッション系ウェブ媒体や雑誌社にてカメラマン、エディター見習いのインターンをしていました。

媒体での仕事はとても楽しかったのですが、インターンで色々なことを経験していくうちに自分で一からコンテンツやシステムを作れるようになりたいと思うようになり、IT企業への就職に興味を持つようになりました。
 

なぜ、日本の企業に就職ではなくベトナムにある企業で働こうと思ったのでしょうか?

もともと日本で就職しなければ・・という感覚はなかったんです。当初の予定は卒業後NYの大学院に進み、IT寄りの勉強をしようと考えていたので特に就職活動はせず学校の下調べをしていました。

英語力はコミュニケーションが問題なく取れる程度だったので、アメリカの大学院に入学する為には、語学学校にも通う必要がありました。

色々とリサーチをして行く中で、アメリカの大学に限定せず、海外で働きながら英語とITの知識を習得する方法もあるのでは?と思い自分の中で「海外就職」の優先順位が大学院進学よりも上がってきました。

 

ベトナムを選んだ理由は?


最近ITに力を入れている東南アジアが面白そう・・と思いました。
ネットで「東南アジア IT 求人 新卒」で検索してみると、ベトナム、インド、シンガポールが検索上位に。ベトナムはその中でも一番IT求人の種類が多く、安全で生活しやすそうな環境だったので、興味を持ちました。
 

どのように、ベトナムでの仕事を探しましたか?

最初に現地の人材派遣会社に登録をしました。新卒でしたし、就職活動も本格的にしたことはなかったので「とりあえず1社まず受けてみよう。」という気持ちで。
人材派遣会社に自分の希望(IT企業、オフィス環境等)を伝えて紹介を受けたのが今の会社、「Vitalify Asia」でした。

面接は全部で3回受け、無事内定を頂きました。

1回目:社長(Skype)
2回目:直属の上司(Skype)
3回目:社長と日本の本社にて、対面して面接

 

なぜ新卒で海外に出ようと思ったのでしょうか?

こっちに来てからこの質問を聞かれることがとても多くて、正直戸惑っています(笑)
自分の中では、海を挟んで住む場所が変わっただけとしか捉えていないので、特に大変な決断をしたという感覚はないですね。

大学時代も一人暮らしでしたし、海外旅行も沢山していたので海外で暮らすということに抵抗がなかったんだと思います。
将来やりたいことを実現するために一番最適な仕事をベトナムで見つけたので、ベトナムで働いている。という意識です。

 

仕事内容を教えてください。

肩書きは「PMO (プロジェクト マネージメント オフィサー)」です。
日本のクライアントと、自社エンジニア(ベトナム人)の窓口となり、プロジェクトが円滑に進むようマネージメントしていく担当です。
実際はIT未経験で飛び込んだので、この1年はコードをひたすら書いたり、PMOも上司と二人体制で組み、ビジネスの流れを学んだり翻訳サポートが主な仕事でした。

今年からは1人でプロジェクトを担当する予定です。

オフィスは一軒家。広々とした空間で環境も良い

仕事で大変なのは、違う価値観、文化背景を持つ人をマネージメントすることです。弊社にはベトナム人エンジニアが約60名在籍しているのですが、彼らの仕事の進め方と日本人の仕事の仕方は違うので、様々な観点で物事を見ながら判断して進めていく必要があります。

ベトナム人に全て日本のやり方を強制することはできないので、うまく彼らと話し合ってプロジェクトが円滑に進むにはどうすれば良いのかを常に考えて行動するようになりました。

海外で就職してよかったなと思うのが、「日本」や「日本人」であることを客観的に見る機会ができたことです。日本にいた時は気づくことがなかった、日本の素晴らしいところ、もしくは良くないところなど色々と自分なりに考える時間が増えました。

この経験や考えはいつか日本に戻った時や他の国に行った時にも自分の軸になると思っています。
 

ベトナムに移住して生活はどうですか?ベトナムの生活の好きなところ、嫌いなところがあれば教えてください。

よく行く公園

移住して今月で1年が経つのですが、この1年間Vitalify Asiaの仕事と、休みの日は学生時代からやっている写真の仕事をしている為、まだあまりベトナム生活を謳歌はできていません。
(遊ぶところは沢山あるみたいです!)
これから引っ越し予定なので少しづつ近所を開拓してく予定です。

好きなカフェ

好きなところは暑いところ。すぐ日に焼けてしまうのですが、やはり気候が良いというのは生活がしやすいです。

嫌いなところは、ゴミを指定の場所に捨てるという概念があまりないこと。日本とは違って道端にもゴミが散乱しているのを見ると、日本がどれだけ綺麗だったのかを今更ながらに実感します!

 

ベトナムでの住居はどのように見つけましたか?家賃や住居環境は日本と比べてどうでしょうか。

マンションのプール

部屋はfacebookのグループで見つけました。月末に引っ越しなのですが、新しい地区はBinh Tanh区という高層ビルが多いエリアです。中心部にも近くアクセスも良いので最近外国人に人気のエリア。

新しい部屋は48階建ての42階で、プールとジム付きの物件です。東京で住もうとしたら30万はかかるのではないでしょうか!?住居環境や家賃相場はベトナムの方が圧倒的にお得感があると思います!

ベトナムは電車がないので移動手段はバイクか、タクシーかバスですね。僕はバイクを購入してオフィスまで通勤しています。(約20分ほど)
バスは時間通りにこないこともあるのであまり使いませんが、タクシーは運賃も安いし安全なのでバイクが運転できなくても困ることはないと思いますよ。
 

今後の目標を教えてください。


IT経験のない新卒の僕を採用してくれたので、出来るだけ早く会社のためになるようにスキルと能力をつけて即戦力となるのが直近の目標です。
社長や上司もよく話を聞いてくださるし、チャンスを与えてくれる機会も多いので、感謝しかないです。

プライベートでは外国人と遊ぶことが多いので、彼らとの交流を通じて英語力を磨きビジネスにも役立てたいです。

 

今後ベトナム就職を目指している方にメッセージをお願いいたします。

とりあえず年中暑いので、すぐ日焼けします。
今弊社でホーチミンのリアルを発信する動画を作成中なので、完成したらお知らせします。
ぜひベトナム就職の参考にしていただけると嬉しいです!