アジアでの働くための情報

シンガポール 2018年版おすすめ就職エージェント【就職に必要な能力・ビザ詳細も解説】

アジア就職でも人気1位の国、シンガポール。

アジアの金融・貿易都市としての重要性から能力の高い人材が沢山集まっていること、国際色豊かで、清潔な街並みと住みやすさからアジア就職の中でも不動の地位を誇っています。
昨年度は就労ビザの規定も改定され、年々ビザ取得や更新が難しくなってきている状況にはありますが、良い就職エージェントと巡り合うことができれば、シンガポール就職もスムーズにいくはず。

今回はjobwire編集室がおすすめのシンガポール就職エージェントを紹介します。

 

シンガポールのおすすめ就職エージェント5選


 

NNA jobwire

シンガポールの求人は主に高待遇の案件を掲載しています。
また、NNA jobwireアプリでは共同通信グループのNNAが配信する最新のアジアの経済ニュースをチェックすることができます。
シンガポール就職では、実務経験や知識が問われることが多いです。
求人と一緒に、アジアの最新ニュースを仕入れておくことで面接や、就職後のビジネスにもきっと役立つでしょう。

 

プログレスアジア

転職エージェントだけでなく、会計事務所の部門もある為、ビザの情報やシンガポールの雇用法律などに詳しいのが強みです。
ビザの規定が年々厳しくなってきているシンガポールでの就職により良いアドバイスを提供してくれると思います。

 

JAC Recruitment

アジア8カ国に展開している大手転職エージェントです。
ハイクラス求人が多いのが特徴なので、キャリアに自信のある方でシンガポールでステップアップをしたい方におすすめします。

 

PERSOL Singapore

インテリジェンスを運営しているテンプホールディングス株式会社が合併したため、インテリジェンスから名前が変わり、「パーソル シンガポール」となっています。
日本でも転職といえばおなじみのインテリジェンスブランド。
日系企業だけでなく、在シンガポールの外資の企業とも結びつきが強いので、幅広い求人を探すことができるようです。

 

SDS

個人で運営されている転職エージェントですが、個人ならではの一人一人へのきめ細かいサービスが好評のエージェントです。
HPにはシンガポール就職を目指す方の疑問に丁寧に答えたQ&Aや、シンガポールの生活、住宅情報など役立つ情報が満載です。

 

シンガポールの基本情報

国名 シンガポール共和国
面積 約780へいほうキロメートル(東京23区ほどの大きさ)
人口 約561万人(シンガポール人、永住人は397万人)2017年6月調べ
人種 中華系74%,マレー系13%,インド系9%,(2017年6月)
言語 国語はマレー語。公用語として英語,中国語,マレー語,タミール語。
宗教 仏教,イスラム教,キリスト教,道教,ヒンズー教
通過 シンガポールドル  (1ドル=81円)
気候 ほぼ赤道直下のシンガポールは四季のない熱帯性モンスーン気候。
年間の平均気温は26〜27度で高温多湿。11〜2月が雨季、3〜10月が乾季となります。
日中は30度を超える日が多く、夜間も気温はあまり下がることはありません。
日本との時差 -1時間

※参考:外務省シンガポール基礎データ

 

シンガポール就職に必要なスキル・能力

語学力

英語が公用語のこともあり、シンガポールの求人ではビジネスで使えるレベルの英語力は必要です。TOEICの点数を目安でいうならば、700点以上は最低でもあることが望ましいと思います。

ですが「シングリッシュ」と呼ばれる英語があるほどシンガポールの英語は独特。
発音や、文法は現地の人も完璧でないことが多いので、それほど完璧は求められません。
試験のスコアよりは、実際にビジネスでどうコミュニケーションが取れるかなど実践力が重要視されます。

学歴

シンガポールの就労ビザ(EP: Employment Pass)の関係上、大学卒以上が望ましいです。ですが、専門スキルをお持ちで関連業務での長いご経験があれば通ることもあり、求人と個人のスキルやご経歴のケースバイケースとなります。

業務経験

一般的には最低3年程度の1つの業務を経験して、それと関連したポジションであればビザがおりるケースが多いようです。

シンガポールのビザ詳細については過去ブログのこちらで、詳しく説明しています。
他のアジアのビザとも比較できるので、ぜひチェックしてみてください。
アジア勤務に必須の就労ビザ最新情報【2018年の最新データ公開】

 

シンガポール 人気求人の傾向


日系のメーカーや、貿易企業、金融が多く進出するシンガポール。
アジアのハブとしてシンガポールにオフィスを構える企業が多く、在留邦人数は37,504人。(2016年 在シンガポール日本国大使館調べ)

在シンガポールの日本人が増加するにつれ近年はサービス業(不動産・教育・飲食・会計サービス)の進出も目立ってきました。

現在jobwireでもこちらの2ポジションを募集中。

グローバルに展開するM&Aアドバイザリー会社にてアナリストを募集

シンガポールに拠点を構える不動産会社にて、営業マネージャーの新ポジションを募集

—————

シンガポールでの就職は人気はありますが、アジア就職の中では難易度が高い国です。
まず、ご自身のキャリアや将来のプランを成功に導いてくれるエージェントと巡りあうためにも、幾つかのエージェントにコンタクトをしてみることをお勧めします。
その中で、各エージェントが持つ求人の種類や、カウンセラーとの相性を考慮してえらんでみてくださいね。

jobwireでもシンガポール就職の無料相談を行なっています。
キャリア相談から、履歴書の添削、面接のアドバイスなど、海外就職経験豊富なカウンセラーがサポートしますのでお気軽にお問い合わせください。

【無料相談受付中】あなたの海外就職をサポートします!海外就職を考えているけど、情報がありすぎて、いまいち情報収集の仕方がわからない。。 英語力が不安・・・海外勤務経験のない自分にできるだ...

みなさんのシンガポール就職を応援しています!