マレーシア情報

【マレーシアビザ情報】新卒でマレーシア就職を目指す場合

マレーシア就職の人気は2019年も続きそうです。
学生の卒業シーズン近くの今、在学中の方からのお問い合わせが最近増えています。

今日は新卒でマレーシア就職を目指したい方のために、解説していきます。

新卒でマレーシア就職は可能です。

ただし、新卒で就職できる業種が限られます。

MSCステータス(IT企業向けのマレーシアの優遇措置制度)を取得している企業のみ。

BPO業種、IT、一部のクリエイティブ業種です。

現状は、ほとんどがBPO企業、コールセンターエージェントのポジションになります。
どうしてもマレーシアで卒業後すぐ働きたい方は、コールセンターへまず入社し経験を積んだ後、ご希望の業種へ転職をされるのがキャリアの築き方としておすすめです。

一般的なマレーシア就労ビザの規定とは

就労ビザの場合大きく3つに分かれます。

大卒の場合

3年以上の就労経験が必須。

短大・専門卒の場合

5年以上の就労経験が必須

高卒の場合

10年以上の就労経験が必須

その他・中卒の場合

就労ビザの規定からビザ発行が厳しい。

 

現地の方とご結婚され配偶者ビザをお持ちの方は、学歴に関係なく働くことができます。

 

 

新卒・マレーシア就職が可能な求人

現在、4月1日に入社ができる方を大募集中のこちらの求人。

3月に卒業後すぐにマレーシア渡航が可能であれば、まだ応募に間に合います。
更に、語学不問・未経験でマレーシア就職が実現できる、貴重な案件です。

 

職務内容: -ユーザーの問題解決やトラブルが発生した場合のサポート対応 -出店元による発注問題、プロモーション等に関する問い合わせへの対応

こちらは本日入ってきた新求人。
マレーシア ペナン島にある、大手外資系企業にてオンライン広告アドバイザーポジションの募集。

マーケティング、広告宣伝に興味がある方は、新卒から即戦力として業務に関われるチャンス!

日本語の履歴書をいただければ、すぐ企業へご推薦させていただきますので、ご興味がある方はお問い合わせください。

 

マレーシア就労ビザ申請に必要な書類一覧についての記事はこちら。ぜひ参考にしてみてくださいね。

マレーシアの就労ビザ(Employment Pass)は雇用主となる企業がオンラインで申請を行います。申請にあたり、ご自身で事前に書類を集めスキャンデータにまとめる作業が必要になりますが、これが意外に時間を要する場合があります。海外就職はタイミング勝負。締め切り…

NNA jobwireでは海外就職の無料相談を受け付けています。
複雑なビザの規定、現地のマーケット情報、英文resumeの書き方等、アジア就職に関することに対して回答をしています。

ぜひ、お気軽にご連絡ください。
皆さまからのコンタクトをお待ちしております。

海外就職を考えているけど、情報がありすぎて、いまいち情報収集の仕方がわからない。。英語力が不安・・・海外勤務経験のない自分にできるだろうか。。?.eye-catch img {width:100%;}よく皆さまからそのようなお声を伺います。それなら、海外就職の状況を知り尽く…