アジアでの働くための情報

【香港】日本の運転免許証を切り替えする方法

海外に移住する際、国際免許の取得を考えている方もいらっしゃると思います。

国際免許を取得すれば、ジュネーブ条約で締結している世界各国の国で運転することが可能です。日本の国際免許証が有効な国一覧はこちら

しかしネックなのがこちらの国際免許証、たった1年の有効期限ということ。
現地に長く暮らすことを考えている方で、日本の免許を持っている方ならば、現地の免許証に切り替えをしたほうが後々何かと便利。

今回私も香港在住5年目にして香港の免許証に切り替える申請を行ってまいりました。

その手続きの方法をご紹介いたします。

第1ステップ:英文運転免許証の発行

まず、在香港日本国総領事館で日本の運転免許証の英文版を発行してもらいます。

★申請場所 在香港日本国総領事館
住所:46-47/F, One Exchange Square, 8 Connaught Pl, Central

★受付時間 月曜日~金曜日(祝日を除く) 9時15分~12時、13時30分~16時45分

★必要書類 ①日本の運転免許証 原本&コピー
申請書

★申請期間 約2時間後 (14:30以降の申請の場合は翌営業日)

★費用   150HKD

証明書が取得できたら、次は香港運輸省にて香港の免許証に切り替え手続きを行います。

 

第2ステップ 香港運輸省で申請

香港運輸省に書類を持参し、申請手続きをします。
この、香港運輸省今回初めて訪れたのですが、移民局なみの混雑!
たまたま混んでいる時期だったのかもしれません。

ちなみに私は、14時に到着し書類を提出できたのは15時。
他のセクションは2時間待ちで椅子持参で並んでいる方もいらっしゃいました。

★申請場所 香港運輸省

★住所 香港金鐘道九十五號 統一中心三樓, Admiralty
Admiraltyの駅直結のビル「United Centre」の3階に運輸省があります。

★ 受付時間 月曜日~金曜日(祝日を除く):9時~17時(昼食時間を含む)

★申請書類 ①申請書(TD63A
②香港ID 原本&コピー
③パスポート 原本&コピー
④日本の免許証 原本&コピー
⑤領事館から発行された英文運転免許証明書
⑥過去3ヶ月以内に発行された住所を証明できる公的書類
(電気・水道・ガスの請求書・銀行からの手紙など)

★申請期間 営業日5日間

★手数料   900HKD

*申請書類が受理されると、免許証の引き換え票が配布されます。

後日引き換え票を持参して、手数料を支払い免許証を受け取ることができます。

第3ステップ  香港運輸省 免許証受け取り

 

前週の申請時に1時間以上並んだ経験から、受付開始時間前からスタンバイしました。
7時45分に到着したところ1番目を確保。
(待ってる時間は変わらないのですが、1番目にカウンターに行けると思うと気が楽です。)

8時30分からは続々と人が列を作ります。9時のオープン時には長蛇の列に。

引き換え券を窓口に提出し、その後手数料を他の窓口で支払う必要があるのですが、さらに免許切り替えの申請者は約1.5時間の待ち時間。

やっと手に入れた免許証は、こちら。
ラミネート加工しただけのあまりにもシンプルすぎる免許証!
写真も入ってないので、日本のものに比べると政府が発行したとは思えない様式です(笑)

しかし、有効期限は10年間。もはやこのカードが10年間もつのかのほうが心配。

 

 

 

 

 

申請から受け取りまでに時間はかかりましたが、やっとこれで国際免許の期限を気にせず香港で運転ができるようになりました。

ぜひ、香港の免許に切り替えを検討している方がいらっしゃいましたら参考にしてみてください。

 

NNA jobwireでは香港就職を目指している方をサポートしております。

アジアの金融・商業の中心地である香港は、世界中から大企業、優秀な人材が集まり、グローバルで刺激的な環境が魅力の都市です。

ぜひ香港就職を検討している方はNNA jobwireまでお問い合わせください。

【無料相談受付中】あなたの海外就職をサポートします!海外就職を考えているけど、情報がありすぎて、いまいち情報収集の仕方がわからない。。 英語力が不安・・・海外勤務経験のない自分にできるだ...

 

皆様の香港就職を実現するために全力でサポートさせていただきます!