アジアの安全情報を知るために、経験者が語るお勧めの情報ソース。

NNA jobwire編集室です。

もう20年以上前になってしまいますが、インターネット黎明期の各社のwebサイトも手探り状態の頃からアジアに出入りしています。当時は会社のメールアドレスも名前で支給されておらず、部署名だったりして……。フィリピンや香港などアジア勤務を経験した私が本当に役立つと思ったアジアのリスク・安全情報収集についてご紹介します。

そもそもの鉄則は「情報の配信を受ける」ことです。何かあったらSNSもあるし、ニュースサイトを見るからいいや…ではなく、日頃から信頼のおける情報をメールなどで通知を受け取るようにしておくと、いざというときに役立つでしょう。

外務省 海外安全ホームページ

海外安全情報と言えば、真っ先に浮かぶのはやっぱり外務省の海外安全情報ですね。

アジアで暮らしていた頃、NHKワールドを見ている合間に「海外では『自分の身は自分で守る』との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。海外安全情報でした」と、シブい声で注意喚起され、改めて気を付けようと思ったものでした。20年近く経っても「自分の身は自分で守る」は頭に叩き込まれてます。

たびレジ

たびレジは、外務省が最新の海外安全情報を配信するサービスです。海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。現在海外にお住まいの方も、別の国へ旅行や出張する際にも利用することができ、登録も簡単で利用しやすいサービスです。

最低限、滞在国は登録しておいた方がいいと思いますが、対象国を増やしすぎてしまうと、メールが大量に届きますので、ご注意を。

ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル

外務大臣が在外邦人の安全対策のためにデューク東郷(ゴルゴ13)に協力を要請し、ゴルゴは大臣の命を受け、世界各国の在外邦人に対して「最低限必要な安全対策」を指南するための任務を開始した・・・。というストーリーのフィクション劇画マニュアルです。

※このマニュアルの劇画部分はフィクションであり,実在する人物,地名,団体とは一切関係ありません。一話ごとに、能化領事局長が5分間の動画で解説します。安全対策講座としても利用してくださいと書かれています。

こちらは企業向けですので、会社の方におススメしてみてください。緊急時の対策に役立つと思います。ちなみにゴルゴ先生の眼力に押されて、LINEの外務省公式アカウントで友だち追加すると、「友だちは・・・・・「たびレジ」に登録してからにしてもらおう・・・・・」と、たびレジ登録を促されます。

共同通信グループの海外リスク情報

「速報」の最前線、共同通信が配信する国内唯一の海外リスク情報。海外の事件・事故やテロ、災害、政情不安などの速報および詳細情報を含めた海外リスク情報を、365日間リアルタイムで配信するサービスで、こちらも企業向け安全対策支援のための情報です。

自分の身の安全は自分でということで、個人でも情報収集は必要ですが、お仕事で滞在されている方は会社にもしっかりと対策を立てておいてもらうことが重要です。

共同通信グループのアジア経済ビジネス情報NNAの速報

NNAは共同通信グループでアジア経済に特化したビジネス情報を配信している会社です。このアプリNNA jobwireは、NNAの情報の中から選りすぐった記事と求人情報をお届けする無料アプリですが、有事にはNNAが配信する速報もお届けしています。プッシュ通知機能もあり、スマホで簡単に受け取れますので、ご活用ください。

2017年5月22日の速報ニュースでは、バンコク中心部の爆発発生を伝えました。

海外では「自分の身は自分で守る」肝に銘じていても、つい油断しがちです。有事に備えて日頃から情報収集手段は整えておいた方がよいでしょう。私がフィリピンにいた1999年頃には、テロや外国人観光客が誘拐される事件が起きたりしていましたので、常に情報収集には気を使っていましたが、入手方法は限られたものでした。最近は本当に便利になり、簡単に速く情報が取れるようになりました。

滞在地だけではなく、旅行の際にも行き先の情報入手は必要です。日頃から身の安全には気を付けつつ、充実した海外生活を過ごせますように!


アジアの最新求人情報はNNA jobwireへ。公式iPhoneアプリならアジアの経済ニュースも求人情報もまとめてチェックできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント