【NNAカンパサール特集・製造業の未来】縫製業に吹く産業革命の風

アジアの経済情報をお届けするNNAが発行するフリーペーパー。「 NNAカンパサール」

「沸騰するアジアの今を伝える」をテーマに、アジア各国の製造現場、大きな変貌を遂げようとしている消費市場など、アジア全体の産業の現状を日系企業関係者必読の情報を織り込んでお届けしています。

こちらのカンパサールに掲載された中からjobwire編集室が気になる記事をピックアップしてお届けします。


日本から韓国、中国、そしてアジア新興国へ─。豊富で安い労働力を求めて生産地が移ってきたアパレル縫製業。ここにも、「産業革命」を感じさせる風が吹き始めている。

工業用ミシン世界最大手のJUKIは昨年、大阪で開かれた「国際アパレル機器&繊維産業見本市」(JIAM)にポロシャツの縫製ラインを展示した。コンセプトは、最先端のミシンや自動機を導入して生産性を向上させた「スマートファクトリー」。従来、13人ほどの人手がかかるところを、4人でポロシャツ1着を作る工程を実演した。1着を仕上げるのにかかる時間はわずか2~3分という。

3年に一度開かれるアパレル機器の見本市「JIAM」に出展したJUKIのブース。同社が提唱する「スマートファクトリー」のコンセプトを紹介した(同社提供)

JUKI・スマートソーイング研究所の中村宏所長によると、同社が提唱するスマートファクトリーは、デジタル化と自動化、システム化の3要素から成る。

デジタル化を実現する設備として、同社は昨年、本縫いデジタルミシン「DDL-9000C」を発売した。通常のアナログ制御のミシンでは、糸調子や針のピッチ、押さえ圧力などの数値を一人一人がネジを締めて設定していたが、デジタルミシンではこれらを数値で制御し、複数のモーターを使って動かすことができる。このため、生地の素材ごとに必要な制御情報をあらかじめ設定しておけば、どのミシンでも同じ条件で縫うことができ、再現性の向上につながる。

自動化では人を大幅に削減することも可能だが、自動化の度合いは衣類の組み方や自動機をどれだけ導入できるかによって変わってくる。ポロシャツやジーンズ、Yシャツは比較的、自動化率が高いが、工程の中でも組み立ては今のところ人手に頼らざるを得ない状況だ。

システム化では、ミシンなどの設備をインターネットでつなげる。これにより、作業者ごとのミシンの稼働状況をデータとして可視化し、作業や工程の改善につなげることができる。

■マスカスタマイゼーションも

スマートファクトリーでは、衣料を1着縫い終わった後すぐに縫い条件をデジタルで変更することで、1着ごとに異なる衣類も作ることが可能だ。さらに、工場と店舗(消費者側)がネットワークでつながれば、一人一人の顧客の需要に合わせた製品を短いリードタイムで柔軟に作ることができる。「最終的には、マスカスタマイゼーション(個別大量生産)の実現を目指すべきだ」(中村所長)。

JUKIの本縫いデジタルミシン「DDL-9000C」。これまで手で調整していた糸調子などのさまざまな設定をデジタル制御し、モーターで調整することができる(同社提供)

JUKIはこれまでも、取引先の工場の生産性向上に向けた提案を行ってきた。ただ、デジタル化と自動化、システム化の3要素を備えたスマートファクトリーの構築にはコストがかかるほか、少人数・多能化するために作業者の技術を上げる必要も出てくるため、国内での導入実績はまだない。現在、本格的なスマートファクトリーの実証試験は中国メーカーの自動車用シートの縫製工場で進んでいるそうだ。

■移転する生産拠点

アパレル縫製産業では、中国よりも人件費が安いアジア新興国に生産拠点を移転する動きが続いている。JUKIの工業用ミシンの地域別売上高に中国が占める比率は、2011年の38%から16年には16%に縮小した。一方、アジア新興国の売上高比率は11年の36%から16年に57%に拡大した。

ただ、中村所長は「当社が発表しているのはあくまでも一定期間に流動するフローのデータで、中国の衣料品の生産数量はまだまだ大きい」と指摘する。また、中国は国内生産を残すために国を挙げて自動化などの生産性向上に力を入れているほか、衣料品の最大の消費国でもあるため、今後も主要な衣料品の生産地であり続けるとみている。

JUKIが展示したポロシャツの縫製ライン

アジア全体でスマートファクトリーのように生産性を大幅に引き上げる動きが広まれば、カンボジアのような新興国で作るメリットは薄れていくのだろうか。中村所長は「人件費を削るために自動化するにも相当高いコストがかかる。カンボジアの縫製業がなくなるといったことはないだろう」と予測している。仮に今後、こうした国でスマートファクトリー化が進んだとしても、自動化など設備投資とのバランスを取りつつ、これまでのようにコストの低い国に拠点がつくられていくとの見方だ。

※特集「NNAカンパサール特集・製造業の未来」は、アジア経済を観るNNAの新媒体「NNAカンパサール」2017年10月号<http://www.nna.jp/nnakanpasar/>から転載しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする