求人サイト

東南アジア就職に特化した求人サイト5選【必要スキルと給料も公開】

こんにちは!jobwire編集室のSです。

「やりがいのある仕事は東南アジアに・・!?」最近キャリアコンパスが運営するウェブマガジンにてこんな記事を読みました。この記事によると、若いうちにスキルを上げたいなら、欧米より東南アジア。なぜなら経済成長にある東南アジアは人員不足。20代でも責任のある仕事に就けるチャンスが欧米よりはるかに高いとのこと。

 

でも、東南アジアって・・田舎で不便じゃないの?日本語以外喋れないけど働けるかな・・などなど不安な要素がある人も沢山いるのではないでしょうか。

 

そこで、今回は東南アジアに特化して、現地で求められている人材と、東南アジアの就職に強い求人サイトをご紹介します!

 

求められている人材・スキル

1. 日本での仕事経験を重視!
海外で働くにあたり、一番多いタイプが現地の日系企業で働くことです。ここでは取引先なども日系であることが多く、日本で学んだビジネスマナーが求められることがあります。日本で働いていると必然的に身についているマナー。これも一つの強いアピールポイントになります。

 

2. 語学ができなくても可能な案件がたくさんある!
語学はできた方が良いには決まっています。(バッサリ)
でも語学より経験重視な企業も多く、採用されるケースはたくさんあるのも事実です。例えば日本企業向けにビジネスを行っている会社や、ITや技術系の職種でよくありますね。

 

3. コミュニケーション能力に長けている人
これは、どこの国で働くとしても大事なことですが、海外にいると母国語でない分余計に重要な要素になってきます。語学が完璧でなくても同僚達と対等にやっていける人、現地の生活に早く馴染める人。そんな素質のある人材を求めています。

 

では、どうやって東南アジアのお仕事を探せばいいの!?

ということで東南アジア就職に強いサイトを紹介します!

 

1. カモメアジア転職

リクルートが提供する日本人・日本語スピーカー向けのアジア求人サイト。大手ならではの豊富な求人から自分に合ったお仕事を探すことができます。

 

2. NNA job wire

URL: http://jobwire.nna.jp/

アジア各国の求人をウェブアプリ(現在はiPhoneアプリのみ提供)で提供しています。アプリからワンタップで求人に応募できるほか、NNA発のアジアの経済ニュースも毎日掲載しています。アジアで就職を考えている人が必要な情報がこのアプリで入手することができます。
*NNAー 共同通信グループで、アジアの経済情報をメインに配信しています。

 

3. アブローダーズ キャリア

URL: https://career.abroaders.jp

豊富な東南アジアの求人情報に加え、気になる疑問や不安を解消するQ&Aなどコンテンツも盛りだくさんのサイトです。

 

 

特に私たちのサービス、NNA Jobwireでは無料相談も始めました。
webやアプリから気軽にお問い合わせができます。東南アジア就職に興味を持ったら・・・ぜひ活用してみてくださいね。