マレーシア情報

【マレーシア】コールセンター 就職 タイピングテスト攻略法を解説します

マレーシア コールセンター 就職の場合、通常書類選考とともにタイピングテストの受講を課す企業が多いです。(一部ない企業もあります)

通常は面接での人柄や、経験を重視しますがあまりにもタイピングテストの結果が悪いと適正でないと判断されてしまう場合もあります。

それは、非常にもったいなく避けたい状態。
タイピングテストは事前に準備しておけば、誰でもクリアできるプロセスです。

今日はタイピングテストの攻略法を解説していきましょう。

なぜタイピングテストがあるの?

コールセンター というと電話対応というイメージが強いですが、近年は、E-mailやチャットにて対応する割合が高くなってきました。

そのため、【制限間内にお客様に返信をする】というのがとても重要なチェックポイントになります。

スマホが普及した現在だと、ご自宅にPCがない方も多いですし特にオフィスワークのご経験がなければタイピングに自信がない方も多いと思います。

そのため、一つの審査として候補者の方にタイピングテストを受講してもらいある程度の能力を見る。という企業が増えてきました。

 

タイピングテストの種類

語学不問で求人に応募ができる企業は、日本語のみのタイピングテスト。

日常会話程度の英語力が必要な企業ですと、日本語・英語のタイピングテストの受講が求められます。

 

タイピングテストの合格基準は?

 

 

日本語のタイピングの場合60文字/分(60WPM)以上であれば合格点でしょう。
100文字以上あればタイピングはまずまずできると見られます。

英語の場合だと40文字/分(40WPM)で合格が出るところもあります。

 

 

どんなタイピングサイトがあるのか見てみよう

e-typing

 

無料でタイピングテストができるサイト。日本語・英語のタイピングもあるので練習にはおすすめです。
実際にe-typingを試験に使うコールセンター もあるのでこちらで慣れておくと、実際のテストでもスコアが上がるかもしれませんね。

e-typingの場合、「B」判定以上がでれば上出来です!

テスト時間は約2分。短いので飽きることなくゲーム感覚で練習ができるのも◎!

 

 

my typing

こちらも人気のタイピングサイト。流行りの歌詞に合わせてタピングができる機能も人気ですが、私のおすすめはビジネスで使う例文をつかって行うタイピング練習。

コールセンター では直にお客様と対応するため、ビジネスマナーも重要です。
タイピングスキルと、ビジネスでよく使うフレーズも一緒に学ぶことができるので、新卒の方、社会人歴が短い方におすすめです!

 

タイピングテストの対策方

もうこれは、数をこなしていくしかありません!!

私もタイピングのゲームでブラインドタッチができるようになるまで、ひたすら練習をしました。
毎回結果を見ると、自分がミスした箇所や苦手なところもわかるので、そちらも参考にしつつ根気強く挑戦しましょう。

企業にスコアを提出する際も、事前に何回も受けて一番良いスコアを提出することができます。
スマホでも受けることができるので、空き時間にトライしてみてください。

 

NNA jobwireでは マレーシア コールセンター  就職を目指す方のサポートをしています。
公式LINEアカウントにご登録いただければ、チャットにてマレーシア就職の疑問を簡単に質問することができます。

またLINEの通話で行う無料相談も受け付け中です。
あなたのご希望を詳しくヒアリングし、最適なお仕事をご紹介させていただきます。

ぜひお気軽にご連絡ください!