マレーシア情報

【マレーシア】コールセンター 面接の攻略法【面接内容・対策を詳しく説明します】

マレーシア コールセンター就職は他の業種に比べると未経験者でも応募可能なこと、大量採用を行う企業が多かった為、今までは比較的楽に内定をもらうことができました。

しかし昨今のマレーシア海外就職人気から、応募の数が増え企業も慎重に人材を選ぶようになってきています。

今回は、マレーシア コールセンター 面接の全てを大公開。
ぜひ面接準備に役立てていただければ幸いです。

このブログ記事からわかること

・マレーシア コールセンター 面接方法

・マレーシア コールセンター 面接の回数

・マレーシア コールセンター 面接の内容

・マレーシア コールセンター 面接の攻略法

 

面接方法について


 

日本在住の場合、企業との面接は全てオンラインで行われます。

通常Skypeでのビデオ面接が多いのですが、最近はZoomwebexを使って面接を行う企業も増えてきました。

面接時の服装はビジネススーツ着用でなくても大丈夫です。
シャツなど清潔感のあるビジネスカジュアルを意識すれば良いでしょう。

 

面接の回数は?

コールセンター エージェント ポジションだと1回、もしくは2回で面接が終わり内定が出る場合が多いです。

1回目:人事担当者

2回目:プロジェクトチームマネージャー

最初の人事担当者との面接では、コミュニケーション力、日本語でのビジネスマナーが身についているかがチェックされます。

また、マレーシアという異国で働くという目的や、熱意なども見ているので、事前に「なぜマレーシアで働きたいのか?」という目的をきちんと整理しておくと、面接時に慌てることなく、自分の熱意を伝えることができるでしょう。

 

2回目のプロジェクトマネージャーとの面接では、実際に入社した場合にご自身が担当するプロジェクトの業務内容等の説明があります。

ここで見ているのは、プロジェクトに適正な人材かどうかということ。

事前に求人内容を確認し、このプロジェクトには自分が過去に経験した職歴でどのような経験を活かすことができるのかを整理しておくと、面接時に自分をアピールすることができるでしょう。

面接の内容を詳しく解説

 

コミュニケーション力・ビジネスマナー・マレーシアで働きたい熱意が鍵

①コミュニケーション力

最初の人事との面接は一般的な就職と同じと考えて大丈夫です。

「自己紹介・過去の職歴について・志望動機」については必ず聞かれますので事前に準備しておきましょう。

コールセンター では企業の顔としてお客様を対応するわけですが、電話口・メールを使ってサポートをしていきます。その為対面で話すよりもコミュニケーション力が必要となり、人事との面接では

・お客様からの質問に対して簡潔に答えられるか

・相槌の仕方

・きちんとした言葉遣いで話しているか

 

など基本的なコミュニケーション能力が備わっているかをチェックされていると思ってください。

②志望動機

必ず聞かれるのが、「なぜマレーシアで働きたいか」ということ。
企業はスタッフを雇うのに多大な時間とコストをかけています。

マレーシアに来ても環境に慣れず研修期間でやめられる方も稀にいらっしゃいます。企業にとっては一番避けたい状況なので、必ずこの質問に対する答えは用意しておいてください。

 

例えば、
「以前旅行で訪れてから国民性の暖かさや、多国籍な雰囲気が好きになりました。いつかはマレーシアで働いてみたいと強く思っており、今回その夢を実現するために応募しました。」

「2年間で英語を習得したいと思っています。多国籍で英語が第二共通語のマレーシアでなら、働きながら英語を学ぶことが実現できると思ったからです。」

など今後の自分の目的と絡めて志望動機を伝えてもいいでしょう。

マレーシアで働く意気込みを感じられるものであれば合格です!

 

一部英語チェックが行われることも。

語学不問のポジションの場合は、日本人担当者が行いますが、
マレーシアという異国でもやっていけそうな人材かをチェックすることがあり、面接の中に簡単な英会話チェックが盛り込まれることもあります。

その場合、英語が話せなくてもコミュニケーションを取ろうという姿勢が大事です。日本語の面接と同じですね。

質問の例を挙げると、

「マレーシアを訪れたことはありますか?」
「マレーシアで働きたい理由はなんですか?」

などが一般的です。

質問された意味がわからなかった場合は「Could you please say that again?(もう一度おっしゃっていただけますか?)」

「I’m sorry I didn’t understand what you mean.(すみません、意味がわかりませんでした。)」などと返し、会話を続けようとしている姿勢を見せれば大丈夫です。

 

ロールプレイテストを行う企業もあります。

ロールプレイテストとは、面接官がお客様を演じ、そして応募者がオペレーターになりきって、応対時のやり取り形式でテストを行うものです。

テストはメール・電話にて行われます。

実際にお客様からの質問・もしくはクレームが入ったと想定して、あなたならどのような回答するのかまた、時間内に回答できるのか。というポイントを見ています。

また、お互いの表情が見えないコールセンターでは言葉遣いで印象が決まってしまいます。丁寧な言葉遣いで対応をするように心掛ければ合格できるでしょう。

 

最終面接を終えてから、内定が出るまでは1日〜3日ほど。

他の一般企業に比べると選考プロセスのスピードは早く、内定後に行うビザ申請の手続きも手厚いサポートがあるので安心です。

ビザ審査に必要な書類が知りたい方はこちらを参考にどうぞ

 

マレーシア コールセンター面接攻略法 まとめ

 

近年、少しずつ採用基準のハードルが高くなってきているマレーシア コールセンターですが、一番人事担当者が見ているポイントが、

「コミュニケーション能力」と「マレーシアでやっていく意欲があるか」ということ。

前述した通り、以前は内定を比較的簡単に取ることができたマレーシア コールセンター の求人。

しかしマレーシアに来て、海外での生活に順応することができなかった人、仕事の理想と現実が違った方などの離職率の高さも問題になっていました。

その為、現在は本当にマレーシアでやる気のある人材を選定して内定を出しています。

NNA jobwireではマレーシア コールセンター の面接についても個別にアドバイスしています。

ロールプレイの練習などもお付き合いすることができますので、ご利用されたい方は、ぜひ公式LINEアカウントよりご連絡ください。

マレーシア 専門のカウンセラーがあなたのマレーシア就職を全面サポートします。一緒に内定を獲得しましょう!