マレーシア情報

【マレーシア】コールセンター 面接テストで役に立つ!絶対覚えておきたいフレーズ集

・マレーシア コールセンターの面接にはテストがあるってほんと?

・どのようなテスト内容か、またその対策が知りたい!という疑問に答えます。

 

面接テスト攻略に「必要なクッション言葉」とは

まず最初は、面接前にタイピングテストを自宅で受けて、結果を提出する必要があります。

タイピングテスト 攻略についてはこちらの過去記事からどうぞ

その後面接へ進むわけですが、ここで一般的な面接の他にメールテスト、電話テストが行われます。

メールテスト・電話テストは実際のお客様からのお問い合わせを想定したロールプレイテストです。

このテストでは、どれだけお客様の状況・気持ちに寄り添った回答ができるか。ということが重要になり、そこに役立つのが通称「クッション言葉」と呼ばれるフレーズです。

メール・電話ごしでのコミュニケーションでは顔が見えない分、このクッション言葉があると、ないとでは受け取り側の印象も大分変わってきます。
また、コールセンター だけに限らず一般的なビジネスシーンでもメールや電話対応でも頻繁に使用するフレーズですので、覚えておけば役にやつでしょう。

「クッション言葉」の例

 

 

 

クッション言葉とは、相手に「お願い」や「お断り」などをするときに、本題の前に入れて使用する言葉です。

クッション言葉を入れることで、柔らかい印象を与える文章にできます。

クッション言葉を上手に使えると、相手に嫌な思いをさせず意思をハッキリ伝えられるようになるので、会話の印象が一段よくなりますよ。

よく使うクッション言葉

-恐れ入りますが・・
-お手数をおかけしますが・・
-差し支えなければ・・
-申し訳ございませんが・・
-よろしければ・・ など

お礼を述べるとき

-お忙しい中、お問い合わせいただきありがとうございます。

-長い間お待ちいただき、ありがとうございます。

-ご協力くださり、ありがとうございます。

-ご理解いただきありがとうございます。

みなさんもコールセンター へ問い合わせた時に長く待たされた経験もあると思います。

電話が繋がった瞬間、このような丁寧な言葉で対応されると待っててよかった・・という気持ちになるのでは?
特に、最初の2文は頻繁に使いますのでテストの際もすぐ受け答えができるようにしましょう。

謝罪するとき

-ご不便をおかけしてしまい申し訳ございません。

-説明が不十分で申し訳ございません。

-案内に謝りがございました。申し訳ございません。

-お手間を取らせてしまい、申し訳ございません。

お客様に共感するとき

-おっしゃる通りでございます。

-さようでございます。

-ご事情お察しします。

-心中お察しします。

コールセンター への問い合わせ内容は、多くの場合困ったことがある時です。

お客様の状況やお気持ちを汲んで一先ずこちら側からご不便をおかけしたことに関して謝罪・もしくは共感してみましょう。

そうすることでその後の対応もうまく進むはずです。

 


 

NNA jobwireではマレーシア コールセンター 就職をサポートしています。

マレーシア就職専任のカウンセラーが、履歴書の書き方から、面接の攻略方法までサポートするので、海外就職が初めての方も安心して応募ができる体制を整えています。

ぜひ、マレーシア 就職に興味を持ったらLINEもしくは無料相談お問い合わせフォームよりご連絡ください。

個別に丁寧にお返事させていただきます!

 

【無料相談受付中】あなたの海外就職をサポートします!海外就職を考えているけど、情報がありすぎて、いまいち情報収集の仕方がわからない。。 英語力が不安・・・海外勤務経験のない自分にできるだ...