アジアでの働くための情報

【新卒向け】コロナ禍での海外就職活動の現状・方法を解説!

この時期になると、多くなるのが来年の3月に卒業を控えた大学生からのお問い合わせです。

-国内での就職活動をしてみたけれども、海外就職を諦めきれない。

-キャリアアップを目指すため、仕事をしながら英語を習得する環境にチャレンジしたい。

コロナ禍だけれども、新卒で海外就職を実現したい方向けの内容となっています。

 

新卒で働けるアジアの国

海外で就職する場合に必要なのは「就労ビザ」

大卒であれば学歴の部分はパスしますが、ほとんどの国が最低2〜3年以上の就労年数経験を設定しています。

その中で、大卒ですぐに就職できるのは「タイ・マレーシア(コールセンター 企業に限る)・フィリピン・インド」になります。

その他の国の就労ビザ規定についてはこちらの記事で詳しくどうぞ。

現在は新型コロナの影響の為ほとんどの国で外国人の入国制限を実施しています。
そのため、特に感染者数が多いインドやフィリピンでは新卒に限らず、海外からの採用は難しい状況となっています。

タイは一部動いていますが、海外から入国するには、

・事前にPCRテストを受けること。

・保証が1千万以上出る海外医療保険に入ること。

・タイに入国後、隔離をするホテル2週間の証明書を提出すること。

 

上記が求められており、駐在員クラスでないと企業がその費用を負担できず、新卒・現地採用ポジションだと難しい状況です。(2020年11月18日現在の情報)

今、このコロナ禍の中でも積極的に新卒採用を行っているのがマレーシア コールセンター案件。
海外案件は全て正社員雇用です。

 

また、新卒が語学不問で海外就職できる唯一の求人です。

IT企業ということもあり、早めにリモートで研修を受講できるインフラを整えてきました。

採用後は、マレーシアの入国制限が解かれるまで自宅で勤務が可能。

オンラインでまずは研修を受けた後に実務がスタートします。

新卒のあなたにおすすめのマレーシア コールセンター求人はこちら!

今最も需要が高いフードデリバリーのプロジェクトに関わることができる人気案件。
「語学不問」「未経験」「新卒」で応募できる求人です。

勤務は安心の日本語で行えます。 海外勤務が初めて、新卒で未経験という方も挑戦できるポジションです。 研修内容も充実しており、マレーシアで新生活を始めるにあたり、サポートもあるので安心して働くことが …

 

得意の英語を生かして働きたい人向け!
バイリンガルポジション

フードデリバリーサービスにおけるカスタマーサポート担当として お客様/配送員/出店レストランからの問い合わせ対応及びサポートを担当します。 主なサポート対象は日本のお客様ですが、バイリンガルスタッ …

 

新卒の海外就職活動 スケジュール

12月 後半

-興味のある求人を探し始める。
-履歴書を準備
-就活をサポートしてくれる人材紹介会社を決める。

 

日本での新卒就活とは違い、入社できる2、3ヶ月前から活動を始めます。
早めにお問い合わせいただくことも多いのですが、一番早くても卒業予定の3ヶ月前からだということをご理解ください。

 

企業に直接応募しても大丈夫なのですが、人材紹介会社を通す利点は履歴書や面接、採用後移住するまでのアフターサポートが無料で受けられることです。

初めての海外就職、不安や疑問はつきものなので色々と相談できるエキスパートを味方につけておくことは重要。

NNA jobwireも専任のカウンセラーが常駐しておりますので、どうぞLINEでお気軽にご相談ください。

 

 

1月

応募を始める。

アセスメントテスト(タイピング・PC操作等)

書類選考が通ったら、アセスメントテストに進みます。

テスト内容・対策についてはこちらの過去記事をご覧ください。

 

2月

-面接
(1次:人事担当  2次:プロジェクトマネージャー)

-合否通知

 

3月

ビザ書類の準備

と、このような流れになっています。

その後オンラインで研修をスタートし、マレーシアの外国人入国制限が解除されたら移住になります。

 

NNA jobwireでは新卒の海外就職をサポートしています。

履歴書の書き方から、アセスメントテスト、面接の練習など初めての海外就職を全力サポート。

LINEでのご相談、電話でのカウンセリングを行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

みなさまからのご連絡、お待ちしております!