マレーシア情報

コロナ禍でも経済成長が止まらない!ベトナムの魅力&最新求人を紹介① 

今回は、世界中がコロナにより経済に打撃が受けている中、昨年度も今年もプラスの経済成長を続けるベトナムについて説明します。
経済的にも今絶好調なため、アジア求人の中でも魅力的な条件のものが多いのがベトナム求人の最近の傾向です!!

 

ベトナム概要をおさらい

★人口:9554万人(ASEAN圏第3位)

★代表都市:ハノイ(首都/北部)、ホーチミン(南部)  ダナン(中部)

★国民平均年齢:31歳 (日本:48.4歳)

ベトナムの経済成長を支えているのは、豊富な労働人口。平均年齢はなんと31歳。
働き盛りな若者がたくさんいることと、近年人件費が上昇した中国に比べると、雇用コストを低く抑えれることから、海外企業が相次いでベトナムに工場の拠点を移していることなどが挙げられます。

そして、ベトナムでの雇用が増加することによって、若者世代の個人消費の拡大につながり、さらなる経済成長が期待できる、まさに労働、消費マーケットとしても大注目の国なのです。

 

東南アジアで唯一、2020年もプラスの経済成長だったベトナム

ホーチミンの夜景

 

昨年度から世界中で猛威を振るったコロナですが、ベトナムではコロナの封じ込めに成功し、マレーシアやタイと比べると、影響はかなり少ないものでした。
そして、ベトナムではコロナ禍の2020年もプラスの経済成長を更新。

2021年のGDP成長率予想は+6.8%とも言われています。

 

4年連続日系企業の進出は増加傾向

2019年は米中貿易戦争を背景に中国からの工場移管が多く、安定しない中国情勢と、最近の人件費、物価の高騰からベトナムに工場の拠点を移す企業が増えています。
それは、日系企業だけに限らず、韓国系、欧米系企業の進出も増加中。

<日系企業進出数>1943社 (2019年12月時点)

※2019年新規進出:435社 (JETROー概況より)

現在東南アジア、インドと比べても日系企業進出数1位の国となっています!

<他国との比較> タイ マレーシア フィリピン インド
日系企業進出社数 1733社 1544社 1356社 1441社

 

ベトナムで働くためには?就労ビザ要項を紹介

海外で働くためにまず必要なのが、就労ビザ(ワークパミットとも呼ばれます。)です。

ベトナムで現地採用で働く場合に、最低限必要なのが

学歴:大卒以上

職歴:社会人歴2年以上

になります。

管理職・技術職の場合は、それに加え、下記の経験が必要です。

①管理職:管理職(CEO/エグゼクティブ)としての職務経験

②技術者:特定の分野で1年以上の訓練と3年以上の職務経歴

 

ベトナム 現地採用の待遇について

タイの就職転職

給与相場について

事務職:Gross 1,500~2,000 USD

営業スタッフ:Gross 1,800~2,300 USD、

営業マネージャー:Gross 2,500 USD~

ITエンジニア:Gross 2,500~3,500 USD

建設エンジニア:Gross 3,000~5,000 USD

日本語教師:Gross 1,500~1,800 USD

 

※民間医療保険やWP取得支援をしてくれる企業が多く、企業によっては年1回帰国手当や住宅手当がでます

特に日本人需要が多いのは、営業職、ITエンジニア、建設関連です。

営業職では、海外で働くやる気のある方であれば、未経験でも受け入れてくれる企業も出てきました。

例えばこちら・・

溶剤、各種化学品の日系企業向け営業を担当していただきます。 具体的には ・新規/既存顧客への営業 ・情報収集業務 ・見積もり、受注業務 ・在庫納品までのデリバリー管理 ・アフターフォロー

日系企業からのマニュアル作成のオーダー受注、サポート業務をお願いします。※顧客は大手クライアント!複合機、自動車関連企業がメインです! 具体的には ・マニュアル制作のオーダー受注 ・新規/既存のお …

 

ITエンジニア、建設関連では日本である程度の経験と技術を身につけ、海外でマネージメント職に挑戦してみたい方におすすめな求人が多くあります。

IT系

ベトナムを中心とした1000人体制のグローバルエンジニアチームを支えるITインフラチームをマネジメントしていただきます。 具体的には ■顧客向けシステム開発における、インフラ設計・構築業務 ・インフラ …
  • 給与

    年俸:550~900万円 ■賞与:年2回 ■昇給:随時
    *マネージメント職は、給与、待遇も○の案件が多いです。

マーケティングシステム開発プロジェクトでの開発、及びチームマネジメントを担っていただきます。 具体的には 更なる開発品質・スピードの向上、現地エンジニアの育成を強化するため、日本での開発経験を持 …

建設系

ベトナムのショッピングモールの建設現場、管理監督をお任せします。 【工事物件内容・規模・工期】 ショッピングモール、規模工期はプロジェクトによります。 【就業場所】     ベトナム各地方都市 …

 

補足ですが、ベトナムで建設関連が多い理由については過去ブログでご紹介しましたので、こちらも合わせてどうぞ

 

 

ベトナム紹介記事はまだまだ続きます!

次はパート2にて、気になる保険のことや、税金、生活費についても最新の情報をお届けしていきます!

jobwireではベトナム就職をサポートしています。

アジアで今最も活気のある国、ベトナムにて海外就職を実現してみませんか?

ベトナム就職専任のカウンセラーがあなたの転職活動をサポートします!ぜひLINE、Emailの無料相談よりお問い合わせください。

お待ちしています!