アジアでの働くための情報

中国で働くための求人サイト5選【就労ビザ難化の噂も解説】

こんにちは!NNA jobwireの小林です。

中国で働きたいという方やはり多いですよね。なんといっても、人口13億の大国なので、企業の数が桁違いです。昔の「世界の工場」のイメージは薄れつつあり、今は世界から中国人にサービスを提供する企業の進出が増えています。

まずは中国の概要を見ておきましょう!

国名 中華人民共和国
首都 北京
面積 960万平方キロメートル(日本の約25倍)
人口 13億8,271万人(日本の約11倍)
言語 中国語
宗教 仏教、イスラム教、キリスト教

出典:JETRO
面積も人口も桁が違いますね。

中国の求人サイト・人材紹介会社のご紹介


上海日本商工クラブの会員数が2,417社ということで、アジアの商工会としては最大の会員数を誇ります。日本外務省の統計によれば、中国の在留邦人数も128,111人(2016年10月時点)に上ります。ただ、最近は中国の在留邦人数は減少傾向にあります。中国を生産拠点にしていた会社はタイやベトナムなどに工場移転を行っていること、日本企業に対するデモなど家族を連れての駐在が減っていることが要因と言われます。

中国の場合、日系企業や日本人相手だけでもビジネスになるのが強み。こういった企業では日本語だけで可という仕事が多いんです。後、中国企業の製造業では技術やノウハウを教える日本人経験者のニーズは安定してあります。日本の生産方式や技術伝承できる人は高給で迎えられます。日系企業以外では、中国資本企業や中国(上海が多い)にアジアの統括機能を置いている外資系企業が日本市場向けの人材を探している場合もあります。中国市場の規模は桁違いで、中国や世界の大手企業がしのぎを削るマーケットでもあります。

そんな活気あふれる中国で働きたいなら、きっと役に立つ人材紹介会社さんや求人サイトをご紹介します。

1.NNA jobwire


» NNA jobwire

アジア16カ国の求人情報と最新のアジアの経済ニュースがチェックできます。ウェブとアプリで展開しており、簡単に求人を探せるのが特徴です。中国の案件も数多く紹介しています。中国の求人では、比較的高給な案件が多いのが特徴です。

そして、海外就職経験が豊富な専任スタッフがあなたの中国就職をサポートします。

NNA jobwireを運営者する当サイトでは無料相談も受け付けております。詳しくは下記をご覧ください。
【無料相談受付中】あなたの海外就職をサポートします!

2.カモメ中国転職


リクルートが提供する日本人・日本語スピーカー向けのアジア求人サイトです。営業職を中心に、中国の求人情報を調べることができます。

» カモメアジア転職

3.ALA中国


中国の求人サイトとしては老舗です。中国各地の人材紹介会社から提供を受けた求人情報が掲載されています。

» ALA!中国

4.リクルート(RGF)


中国の仕事もご紹介のリクルート。日本以外ではRGFというブランド名で展開しています。

» リクルート(RGF)

5.インテリジェンス中国(英創人材)


インテリジェンスの中国法人。中国でも日本人向けの仕事をご紹介しています。

» インテリジェンス中国(英創人材)

中国の就労ビザの取得条件とは


2017年4月、新しい中国の就労ビザ制度が実施になりました。外国人就労許可管理制度改革といいますが、一言でいえば、ポイント制度が導入されたんですね。審査基準が明確になり、自分が就労ビザが出るのか出ないのか、ざっくりと知ることができます。

Aランク(ハイレベル人材)

  • ノーベル賞受賞者。創業人材など
  • 85点以上
  • 平均給与所得が、勤務本地区前年度の社会平均給与の6倍を下回らない。

⇒就労が奨励され、制限なし。

Bランク(専門人材)

  • 学士以上の学位と2年以上の関連業務
  • 60点以上
  • 平均給与所得が、勤務本地区前年度の社会平均給与の4倍を下回らない。

⇒市場の需要を考慮して、制限を受ける。日本人の多くの人はここに収まります。

Cランク(一般人員)

  • 臨時もしくは短期で業務をおこなう外国人
  • 国ごとの割当管理が適応される

⇒割当がある

になっています。

例えば、Aランクの場合、「ノーベル賞受賞者。創業人材など。」「85点以上」「平均給与所得が、勤務本地区前年度の社会平均給与の6倍を下回らない」のいずれかを満たしていれば、Aランクのハイレベル人材として、優先的なオンライン申請、申請書類の簡素化、優遇、年齢・学歴・職歴の制限を受けないなど優先的な対応を受けられます。

※このあたりのビザ事情は、正直かなりややこしいです。中国就職に興味のある場合は、私たちプロが無料相談を受け付けますので、お気軽にご相談ください。
【無料相談受付中】あなたの海外就職をサポートします! | NNA jobwireブログ

ポイント表

では、ポイント表を見てみましょう。以下の点数を加算していってみてください。
60点以上取れるのであれば、専門人材として働ける可能性が高いと言えます。

勤務予定の中国法人から支払われる年収 (万元) 45以上 20
35以上45未満 17
25以上35未満 14
15以上25未満 11
7以上15未満 8
5以上7未満 5
5未満 0
教育水準または取得している職業技能資格証書など 博士 20
修士 15
学士 10
業務経験年数 2年を上まれば、1年上回るに1点加算 上限20
2年 5
2年未満 0
1 年当たり勤務期間(月) 9以上 15
6以上9未満 10
3以上6未満 5
3未満 0
中国語レベル 中国籍があった外国人 5
中国語教育による学士以上の学位を取得している。 5
漢語水平考試(HSK)5級以上 5
漢語水平考試(HSK)4級以上 4
漢語水平考試(HSK)3級以上 3
漢語水平考試(HSK)2級以上 2
漢語水平考試(HSK)1級以上 1
勤務地 西部地区 10
東北地区等の古くからある工業基地 10
国家級貧困県等の特別地区 10
年齢 18〜25歳 10
26〜45歳 15
46〜55歳 10
56〜60歳 5
60歳以上 0
国外のハイレベルな大学を卒業しており、フォーチュン・グローバル500 企業における任職経験が
あり、またはその他の所定の条件を満たす者
国外のハイレベルな大学を卒業している。 5
フォーチュン・グローバル 500企業における任職経験がある。 5
特許等の知的財産権を所有する。 5
中国における連続勤務年数が既に5年以上に達している。 5
地方奨励ポイント 地方経済において不足している外国籍人材(具体的基準は省級の外国人勤務管理部門が制定) 0〜10

出典:JETRO

中国の生活費


NNA jobwireに掲載中の中国勤務の情報をもとに、作成してみました。()内の日本円は1元=17円で計算しています。

  • 営業職 RMB(人民元)10,000~15,000(約17〜25.5万円)
  • 事務系 RMB(人民元)10,000~15,000(約17〜25.5万円)
  • カスタマーサービス RMB(人民元)10,000~13,000(約17〜22.1万円)
  • 技術職 RMB(人民元)10,000~25,000(約17〜42.5万円)
  • 管理職 RMB(人民元)20,000~(約34万円以上)

技術職はかなり高い求人もある印象です。

一方、生活費ですが、もはや安くない印象です。

  • 家賃 RMB(人民元)5,000(約8.5万円)
  • 食費 RMB(人民元)2,000(約3.4万円)
  • 光熱費  RMB(人民元)400(6,800円)
  • 交際費  RMB(人民元)2,000(約3.4万円)
  • 通信費    RMB(人民元)200(3,400円)

スターバックスなど行くと、日本より高いですね。輸入物も日本より高いですね。

多くの日系企業では、民間企業の医療保険が出ます。海外ですと思わず体調崩すこともあります。応募時に確認しておいた方がいいですね。

そんな魅力溢れる中国なら、エントリーレベルから経営層まで多くの機会があります。NNA jobwireでは中国勤務の求人情報をご提供しています。

また、個別で相談したい方には就職相談からレジュメの添削まで無料相談を実施しています。遠隔からスカイプなどでも受けられます。

まずは登録しておけば、有益な就職案件をお渡しできますので、ぜひこの機会にどうぞ。有益な就職案件はすぐに埋まってしまいますからね。早めの行動が大切です。
【無料相談受付中】あなたの海外就職をサポートします!