体験談

アジア就職の歩き方 台湾にて料理研究家としてご活躍されている長浜智子さん

アジア就職の歩き方第二弾。

今回は台湾にて、現地の方向けに日本料理を教えていらっしゃる長浜さんにお話をうかがいました。

1. 略歴と現在のお仕事までの経緯を教えてください

大阪で大学卒業後、2年半アパレル会社に勤務しました。退職後は中国福建省の廈門大学で1年間語学留学をし、その後香港に渡りました。香港では日系アパレル企業で働いたのちに、アジアの経済ニュースやビジネス情報を配信するNNA香港とNNA台湾で、営業の仕事を担当していました。

出産を機に10年間仕事から遠ざかっていましたが、2011年ごろから台湾人向けに日本の家庭料理を教えています。

2. 台湾に来たきっかけを教えてください。

結婚のためです。

 

3. 今のお仕事の内容を教えてください。

台湾人向けに、日本の家庭料理教室を開いています。2017年6月に日本の出汁を使った料理本『鮮味高湯的秘密』という中国語のレシピ本を出版しました。これからも仕事の幅を広げて行きたいと思っています。

最近刊行された長浜さんのだしをテーマにした本。日本食に興味のある層を中心に人気を博した。

 

4.これまでの仕事選びの基準を短く言うと何ですか?

自分が興味を持って取り組める仕事内容かどうかを考えて選んできました。

 

 

5.海外で働くことで得られたものや失ったものは何ですか?

得られたものは、自分で道を切り開いて行く充実感や現地でできた友人。また、いろいろな人がいるので、日本の常識にとらわれる必要がない開放感ですかね。。

失ったものは、日本の両親と過ごす時間だと思います。

 

 

6. 海外ではたらく上でかかせないツールなどありますか?

語学力、コミュニケーション能力、楽観的に考えるプラス思考です。

 

 

7. 海外勤務を希望する人にアドバイスをお願いします

日本でどんな仕事でも良いので一生懸命取り組んで、仕事を身につけて来てください。その経験は海外での仕事に必ず生きてきます。これまでの色々な経験を次に生かせるような仕事を選ばれるといいかと感じます。アジアでは日本人の真面目さや、きめ細やかさが求められる仕事は沢山あります。希望を持って海外にいらしてください。

NNA jobwire編集室

 


アジアの最新求人情報はNNA jobwireへ。公式iPhoneアプリならアジアの経済ニュースも求人情報もまとめてチェックできます。