体験談

【香港就職の体験談】香港のITスタートアップに転職した尾谷香織さん

NNA jobwire 転職者インタビュー
香港のスタートアップに転職した尾谷香織さんからお話を伺いました。

会社名 HelloTalk Inc.
氏名 尾谷 香織さん
職種 Learning Service Group / 日本マーケット担当

 会社概要

全世界で800万ユーザーを有する言語交換アプリ。学びたい言語をその言語のネイティブスピーカーがアプリ上で添削してくれる。香港と深セン(中国)に拠点がある。https://www.hellotalk.com

香港転職前のバックグラウンドに関して


― 元々の職業、年齢、どういった仕事をしていましたか?
元々は日本で働いていましたが、2010年から中国の大学で日本語教師として働きました。直近は、上海にあるオンライン英会話の会社で働いていたのですが、恋人が香港に引っ越すことになり、香港ありきでの転職活動を始めることになりました。

― 転職前の不安要素はありましたか?
日本で働いた時もそうでしたが、企業によって会社の雰囲気はガラリと変わります。ましては国をまたぐ海外就職では、面接でのアピールポイントや採用後のビザや医療保険などわからないことが多いのが実情です。香港で転職活動するのは初めてだったので、不安がありました。

― なぜ、転職しようと決意したのですか?
上海時代から付き合っていた恋人が仕事の都合で香港に引っ越すことになったので、それに付き合う形で香港に来ることになりました。なので、転職せざるを得ない状況になりました。

― どういったスケジュールで動きましたか?

 2017年5月

ビザの関係もあり、上海のオンライン英会話会社を辞めて、日本に一旦戻る。日本から香港の求人情報を探したり、香港にある人材紹介会社にコンタクトを取り始める。

 2017年10月

就職活動のため、香港に渡航。日本にいた時にコンタクトを取った人材紹介会社を訪問して、転職活動を本格化。

 2017年12月

NNA jobwireを通じてHelloTalkを知り、興味を持ったので面談を受ける。内定。

国と場所選びに関して【転職先に香港を選んだ理由】


― なぜ、香港を選んだのですか?
旦那に付いていくことにしたので、香港以外の選択肢はありませんでした。ただ、香港に来てみると、インフラが整っているほか、欧米のシステムが生きていて生活しやすい街だなあと思いました。
旦那はラトビア人なのですが、彼も香港は外国人にとってビジネスしやすいと言っています。今はここで生活できて恵まれていると感じています。

― どのように情報収集しましたか?
かなりベタですがGoogleで[香港 採用]で検索して、引っかかった求人サイトや人材紹介会社にアプローチしていくという方法でした。LinkedInやWantedlyは使いませんでしたね。

※LinkedinとWantedlyはSNSを組み合わせた就活ツールです。

香港のITスタートアップという就職先に関して


― 現在お勤めのHelloTalkの良かった点と悪かった点を教えて下さい。
良かった点はたくさんあります。

スタートアップということもあるかもしれませんが、自分でマネージできることがとても多いです。特に日本マーケット担当は私1名なので、日本が関わるものは開発、マーケティング、翻訳まで幅広く関わることになります。まだ仕事を始めて1ヶ月程度ですが、自分の意見が反映されて、プロダクトがどんどん変化していくことに責任の重さを感じています。日本関係のことでミスがあったら、全部私のせいです。笑

若い人が多い会社なので、フラットで助け合いの精神があります。サービスも初めてやることだらけなので、答えがないことに皆で一丸となって取り組む雰囲気は働いていて気持ち良いです。

あと、新しい技術を習得できることが嬉しいです。例えば、社内のコミュニケーションはWeChat(微信)の企業向けサービス「企業微信」を使って行われます。これを使っていると、場所など関係なくどこでも働けるなあと思っています。

私は、英語の教材開発を行っているのですが、ネイティブの発音を録音して自分で編集して、教材に活用しています。Adobe Auditionというソフトを使って、編集したり音声ノイズを除去したりするんですけど、今までの経験ではできない技術を習得できて、嬉しいなあと思っています。
悪かった点はほとんど無いんです。

若い人が自主性を持って、どんどんサービスを改善していく感じで本当に楽しいなあと思っています。私は週の半分を香港で、残りの半分を深センの本社で過ごしています。、香港で暮らしているので通勤に1時間半近くかかります。深センは街の規模が大きくて、ビルも大きくて、道も大きい。ちょっと、買い物に行ったりするのが不便かなあと思ってます。

あと、悪い点ではないのですが、HelloTalkはグローバルなチームで、私の上司はアメリカ人で、マーケティング担当の同僚はイスラエル人です。もちろん、会社には中国人も多いのですが、それぞれ管理のスタイルが違うので、それに合わせていくのに疲れることがあります。会社の共通言語は英語なので、私の英語力がさらに上がれば、もう少しスムースに行くかなと思うこともあります。

― 前職のスキルは役立っていますか?
もちろんです。私の日本語教師としての実績や、オンライン英会話会社が面接で有利に働いたことは間違いないと思います。

― 職場の雰囲気はどうですか?
多国籍な環境、かつスタートアップということもあり、自由が尊重されている雰囲気があります。
色々試して、行動できる人が評価されていて、変にギスギスした感じは皆無です。服装自由というのも嬉しいですね。服装自由をうたう会社も増えてるんですが、実態は忖度必須みたいな会社も多いので。

― 生活面はどうなりましたか?


先ほど言いましたが、私は週の半分を香港、残りの半分を深センで過ごしています。香港は中国と西洋文化が交わった街で外国人にとって本当に暮らしやすいです。狭い土地にオフィスやエンターテインメントが凝縮されている印象です。一方、深センは中国イノベーションのメッカとして注目されています。テンセントなど中国を代表するIT企業があり、スタートアップが評価される街で興味はつきません。大きい街なので、移動やちょっとした買い物が結構おっくうだったりします。

NNA jobwireの就職サポートに関して


― 良かった点と悪かった点
とにかく対応が速かったというのが印象にあります。
実は英文履歴書が無かったんです。ただし、NNA jobwireの小林さんが英文履歴書の翻訳サポートを1日でやってくれた他、採用条件の交渉もスピーディーに対応してくれました。異国の就職活動だと心配な面接会場へのアクセス方法も丁寧に教えてくれましたし、香港では面接会場まで同行してくれました。あと、仕事以外の医療保険のこと、ビザの心配ごとにも丁寧に回答してくれて、とても助かりました。悪かった点は、正直あんまり思いつかないんですよ。
>>英文履歴書の翻訳サポートはこちら

― ありがとうございます。なにか、要望などありますか?
これから海外就職を考えている人も多いと思います。私のように家族の都合で来る人は就職はもちろんながら、異国の新生活に不安を抱えてることも多いと思います。そんなサポートや情報発信をしてくれたらと思います。

これからの展望

― これからの目標を教えてください。

100%香港にいられるようにしたいです。笑 

やはり旦那がいるので。そのためには今やっている教材開発や日本マーケット担当として他のメンバーから信頼を得られるのがとりあえずの目標です。

自分のチームを持てるくらい成果を出したいですね。アプリサービスの会社、言語交換サービスの会社なので、これまでの会社では経験しなかった、世界を相手に商売できること、リモートワークの恩恵による先進的な働き方にも感動しています。世界のどこでも働けるんだ、って実感できるようになりました。自由なワークスタイルをHelloTalkで実現したいですし、そういったライフスタイルをまわりの人にも実践してもらえればと思っています。


NNA jowbireでは成長続くアジアで働くための求人情報や生活情報をご提供しています。社員全員がアジア就職を経験しており、その経験や悩んだ経験を生かして、履歴書の添削サポートや生活情報などの情報提供もしています。アジア各国の求人掲載企業や協力人材紹介会社を通じて豊富な求人情報も提供しています。

もし、海外で働くことが気になったら、気軽に無料相談を受けて見て下さい。毎月約30名にお申込み頂いています。当たり前ですが、無理に海外就職を勧めることはありません。