アジアでの働くための情報

ベトナム就職を目指す【高卒・新卒・未経験・語学不問の場合】

こんにちは!jobwire編集部のSenaです。
ベトナムは近年IT企業やサービス業も進出していることから、求人が多種多様にあり、特に若い世代から人気の就職先として定評があります。今日解説していくのは、ベトナムで働くための学歴と職歴について。高卒や新卒、または未経験でも仕事を得ることはできるのか。こちらを詳しく解説していきます。

残念ながら高卒、新卒はビザがおりません。

今までベトナム就労ビザの基準ではは4年制大学卒業、もしくは5年以上の実務経験が必要だとされていましたが、近年は要件が厳しくなっており、4年制大学卒業かつ、5年以上の実務経験が必要となりました。ベトナムもしかり、自国の労働者を守る必要があることから、外国人に対しての審査が厳しくなってきた背景があります。
過去記事ではベトナムを始め、2018年最新のアジアのビザ状況を詳しく掲載しています。詳しく知りたい方はこちらをチェックしてみてください。
アジア勤務に必須の就労ビザ最新情報【2018年の最新データ公開】

ただ、実際の傾向を見ると4年制大学卒業は必須ですが、何らかの社会人経験があれば、5年以上までの実務を必ずしも求められていることもなく、こちらは求人によってケースバイケースであることが多いので、気になった求人があればぜひご相談くださいね。

稀なケースですが、新卒でベトナムのIT企業に就職された方もいます。
どのような経緯でベトナムのIT企業で就職することになったのかを取材をしましたので、こちらからご覧ください。
【体験談】新卒でベトナムのIT企業に就職した小林駿介さん

高卒、専門、短大卒でベトナム就職をするためには

今すぐにベトナムで就業するのは難しいと言えます。学歴に関係なくアジアで就職をしたいのであれば、代替案として新卒、高卒でもビザが下りる他のアジアの国でまずは経験を積むことをおすすめします。(例:タイ、インド等)その間に、ネットで受講できる通信制の大学に通って大学卒業の資格を得てから再度ベトナム就職にチャレンジしてはどうでしょうか。
通信制の大学で有名な「放送大学」や、今はスマホで授業が受けられる「サイバー大学」などがあるので海外にいてもやる気さえあれば、大学卒業の資格は得られる環境にあります。
ただ、慣れない土地で、昼間は仕事、夜や休日は大学の勉強もしなければいけないとなると、かなり厳しい生活スタイルになると思いますので、それを乗り越えられるガッツと、大学に払う学費、そして時間のやりくりが必要となってきます。
通信制の大学のコスト、受講方法、メリット・デメリットはこちらのサイトが一番詳しく比較していましたので、気になるかはこちらで詳しくチェックしてみてください。
通信での大卒資格の取得方法・費用が安いおすすめの制度

学歴はあるけど語学に自信なし・・ベトナムで働ける?


4年制大学卒業の条件はクリアしている・・でも英語が苦手です。という相談もよくあります。もちろん英語はできた方が有利です。ですが、それ以上にアジアにある企業で求められているのが「人間力」。ベトナムにかける情熱だったり、今まで自分が経験してきたことだったりをうまく職務経歴書や面接に落とし込むことができれば、十分企業から選ばれる可能性はあります。

例えば、こちらの企業。「YOSHIMOTO VIETNAM」は日本の技術力を生かした機械産業メーカーで、現在法人営業職を募集しています。営業の際は、常に専任通訳が同行するなど語学能力より、コミュニケーション能力、営業として活躍できるポテンシャルがあるかを重視して人材を探していることがわかります。
「日本のもの作りをベトナムで実施し、現地の雇用を増やしていきたい。」「日本とベトナムの架け橋となりたい。」その企業理念を共有できる方を求めています。

【YOSHIMOTO VIETNAM CO.LTD.,】日本とベトナムを繋ぐ!【法人営業】※未経験可、語学力不問

最後に

ベトナムでは就労ビザの条件として4年制大学卒であることが必要なことがわかりました。ですが、ベトナムだけがアジアでもありません。もし学歴がハードルになってしまっているのであれば、他のアジアの国にも目を向けてみてください。タイやインドでしたら、高卒からビザがおりますし、インド就職を経験できたら、帰国後あなたの経験を高く評価してくれる企業はたくさんあるでしょう。
キャリアのこと、転職のこと、悩みや相談があれば、アジア就職のエキスパートである専任カウンセラーに、いつでも連絡くださいね。全力でサポートさせていただきます。
【無料相談受付中】あなたの海外就職をサポートします!