アジアでの働くための情報

【良くも悪くも】タイの現地採用の現実とは【就職のプロが語ります】

タイで働きたい方は本当に増えていますね。

タイに旅行して雰囲気に魅了された人など本当に老若男女に人気の国です。ただ、その過ごしやすさゆえに、外こもりなど揶揄されることもあるタイ。今年からタイはスマートビザという高度外国人人材にワークパーミット不要のビザを発給するなどかなり先進的な外国人誘致政策もありますが、今回は多くの日本人がタイで働く時の雇用形態であるタイの現地採用について考えます。

NNA jobwireはタイ・バンコクにある2社の人材紹介会社と提携しているほか、
タイの有力企業から求人情報を掲載しています。こういった企業の方たちとの日々のやりとりの中から感じたことをまとめました。

タイの現地採用の現実を考える


タイにある(主に)日本の会社で雇用されることを現地採用と言います。
日系とは言えタイ法人で採用されることになるため、雇用契約や待遇もタイに合わせたものになることが多いです。

待遇面の現実


ポイントを箇条書きにすると、次のとおりです。

  • 日本に比べると給与は少なめのことが多い。月の給与は5万バーツからといったところが多いです。物価が安いことの裏返しでもあります。
  • 医療保険は現地の水準に合わせた保障内容や保険料になります。
  • 当たり前ですが、祝日もタイ政府が定めた祝日になります。

 参考になる求人

※日本からタイ法人に派遣されるケースもあります。
この場合は駐在員として日本にいたときの待遇に加えて、別途で家賃、教育費、税金会社負担などが出るため、給与はかなり高額になります。

求められる人材の現実

例えば、駐在員の日本人トップとタイ人の間を上手く繋げられるような人は重宝がられることでしょう。ですので、タイであればタイ語か英語ができて、日本人上司のために働けるそんな人は重宝がられるでしょう。

ただ、現地採用の日本人というのは中途半端なポジションでもありますね。
タイ人よりはずっと高い給与とはいえ、駐在員に比べればずっと安い。

働き方も日本人としてのハードワークを求められるので、そこそこの給与並みの楽さを追求する人には向かないケースも多そうです。

語学面の現実


あと、人材としては、英語力が必要といったところが多いです。
日本語だけで働ける職場というのもありますが、営業やカスタマーサポートなど仕事の幅が限られています。なので、語学力はあったほうが良いでしょう。TOEICや仕事で英語を使った経験などを積み重ねましょう。

現実を見据えた上で、タイの現地採用で働くメリットとは


タイの現地採用で働くメリットとは何があるのでしょう。以下のようなことがあるかと思います。

終身雇用の負の側面から抜けられる


海外にくれば、日本のしがらみから抜け出せるというメリットはあるでしょう。
転職が当たり前ですし、終身雇用は会社にも期待できません。なので、キャリアを主体的に作るというマインドセットができるのは良いことでしょう。

あと、海外に暮らしている日本人というのは日本では見なかった様なタイプの人も多いです。起業したり、フリーで暮らしたり、不労所得だけで生活していたりといろいろな生き方があることは知っていると良いかと思います。

業種・職種が変えやすい


あと、最近の日本の人手不足の影響を受けて、タイにある日系企業も良い日本人の方を欲しがっています。ある程度の年齢でも業種や職種を変えるといったキャリアチェンジがしやすい環境にあるとは思います。

海外就職がしやすい国が結果的にタイだったというケースも


また、ビザ要件の学歴や職歴の規制が他の外国に比べるとゆるいというのはタイの魅力です。大卒でなくても、フォーチュン500の大企業で働いたことがなくても海外で働けるチャンスを与えてくれる国というのは実は貴重なのです。

タイは国際的で自由な雰囲気など、多くの日本人を引きつける魅力的な都市です。ただそれだけにどんな仕事を選ぶか主体的に選んだほうが良いと思っています。とりあえずタイと選ぶのもありですが、仕事したい方が多いだけに、良くない条件の企業も少なくない印象です。

NNA jobwireは現地の人材紹介ライセンスを持っている人材紹介2社と提携していますし、独自に優良企業からの求人のみを掲載しています。

私たちは、タイ以外の求人も扱っているため、タイ求人に無理に応募を強制する必要がありません。公平な視点で今のタイ就職のトレンドをお話できるかと思います。無料相談に興味有る方はよろしければどうぞ。

【無料相談受付中】あなたの海外就職をサポートします!海外就職を考えているけど、情報がありすぎて、いまいち情報収集の仕方がわからない。。 英語力が不安・・・海外勤務経験のない自分にできるだ...